手作り石鹸教室

 手作り石鹸の作り方 <  トップページ
 






 手作り石鹸の作り方

 オリーブオイルをメインとした基本的なコールドプロセス製法の作り方を簡単にご説明します。
 苛性ソーダの取扱いなど、十分にご注意していただかないといけないポイントも多々ございます。
 手作り石鹸の本の中には、危険な作り方が載ってしまっているものもあります。
 大切なお肌に使うものですので、一度はきちんとしたお教室で作って頂くことを強くおススメいたします。


  用意するもの

   * キッチンスケール  * 温度計2本  * 泡立て器  * マドラー  * 小さいスプーン  * ボール(3~4個)
   * 空の牛乳パック  * 苛性ソーダ用の容器(耐熱性でポリプロピレン製のもの)  * タオル(保温用)


  身に着けるもの (必ず着用しましょう)

   * ゴム手袋  * マスク  * エプロン  * 眼鏡、ゴーグル


  コールドプロセス製法の手作り石鹸の作り方

 ① 準備と計量

  ゴム手袋・眼鏡・エプロン・マスクの準備はOKですか?

  オイルの計量を済ませておきましょう。
  オイルA : 融点が高いオイル (写真左)
  オイルB : オリーブオイルなど常温で溶けているオイル (写真右) 【ポイント】 オリジナルレシピを自分で組み立てれること出来ます!

    手作り石鹸の作り方    手作り石鹸の作り方
 
 ② オイルを湯せん

  オイルAを湯せんで溶かしておきます。 【ポイント】 オイルが溶けて透明になってきます。気泡や濁りには気を付けましょう。適切な温度が必要です!

    手作り石鹸の作り方
 
 ③ オイルを1つに

  オイルAに、オイルBを混ぜます。

    手作り石鹸の作り方    手作り石鹸の作り方
 
 ④ 精製水に苛性ソーダを加える

  【注意】 温度が80℃くらいまで上昇することがあります。この時に発生する湯気は刺激性があるので吸わないように。肌に付かないように注意してください。

  【ポイント】 インターネットや本を見ただけで、間違った方法で作製しないように気を付けましょう。


    手作り石鹸の作り方    手作り石鹸の作り方
 
 ⑤ 苛性ソーダを溶かす

  オイルと同じくらいに温度を下げます。白濁色から透明になります。 【ポイント】 苛性ソーダの溶かし残しのないように!

    手作り石鹸の作り方    手作り石鹸の作り方
 
 ⑥ オイルに苛性ソーダ水を加える

  苛性ソーダ水とオイルの温度を合わせて、オイルの入ったボウルに苛性ソーダ水をゆっくり注ぎ込みます。オイルの色が変化して、濁った感じになります。

    手作り石鹸の作り方    手作り石鹸の作り方
 
 ⑦ 撹拌

  クルクルとよ~く混ぜましょう!色が変化してきます。化学の実験みたいでワクワクドキドキです。

    手作り石鹸の作り方    手作り石鹸の作り方
 
 ⑧ オプションを入れる

  エッセンシャルオイルで香りを付けて、色材で色を付けて、お好みの手作り石鹸を作りましょう。

  【ポイント】 エッセンシャルオイルの効能や組み合わせ、色材やオプションについてもマスター出来ます!

    手作り石鹸の作り方        
 
 ⑨ 型入れと保温

  色々なデザインの手作り石鹸を作ることが出来ます。保温はタオルのみでも大丈夫です。

  【ポイント】 2層やマーブル、水玉やコラム、ピーコック、カスケードなど色々な模様にチャレンジ出来ます!

    手作り石鹸の作り方    手作り石鹸の作り方
 
 ⑩ 型出し

  1~3日置いて、硬さが出てきたら型出しが可能です。初めての方はドキドキの瞬間です!型から出しましょう。
  型出し後は、風通りの良く、日に当たらない所で保管します。(お子さまの手が届かない場所に)

    手作り石鹸の作り方
 
 ⑪ カット

  型出しから1~2日間、乾燥させたらカットです。 【ポイント】 型出しやカット時もゴム手袋を着用の上、作業してください。

    手作り石鹸の作り方
 
 ⑫ 熟成と完成

  カットした手作り石鹸は直射日光の当たらない風通しの良い場所で4~6週間、熟成させます。この期間に鹸化し、石鹸になります。

  【ポイント】 くれぐれも小さなお子様やペットが触れる所には保管しないようにしてください。

     手作り石鹸の作り方
 


  繰り返しになりますが、苛性ソーダの取扱いは大変危険です。
  お1人でチャレンジする前に、お教室にお越し頂いて一緒に作ってみましょう!正しい知識と道具があれば、ご自宅でも安全に作ることが出来ます!